NEWS-更新情報-

夏チアルール記事一覧

『夏チア2020』スコアシート解説および減点について(2020特例ルール)・チアリーディング部門
2020.07.13

チアリーディング部門における『夏チア2020』スコアシート解説および減点について(2020特例ルール)をご案内いたします。

 

<<2020特例ルール スコアシート解説>>

 

◆CHEER CRITERIA
事前に録音された音楽やカウントに則り観客を引き込めているか、手具の利用が適切か、笑顔や目の輝きにより楽しさを表現できているか、で評価される。

配点/“BELOW”:9.0〜9.1 “LOW”:9.2~9.4 “MID’’ 9.5~9.7 “HIGH”:9.8~10.0’’

 

〜Difficulty(難度)の配点について〜
TUMBLING、は “BELOW” “LOW” “MID’’ “HIGH’’により配点されます。

 


◆TUMBLING
配点/“BELOW”:3.0〜3.5 “LOW”:3.5〜4.0 “MID”:4.0〜4.5 “HIGH”:4.5~5.0

 

【STANDING TUMBLING】
HIGHレンジはチームの大多数がレベル該当スキルをシンクロして行い、加えて過半数が該当スキルを行うこと。

 

【RUNNING TUMBLING】
HIGHレンジはチームの大多数がレベル該当スキルを行うこと。

 

【JUMP】
配点/3.5 4.0 4.5 5.0
3.5 4.0の条件を満たしていない
4.0 チームの大多数でアドバンスジャンプを1回飛んでいる
4.5 チームの大多数で連続したアドバンスジャンプ2回飛んでいる
5.0 チームの大多数で連続したアドバンスジャンプ3回飛んでいるか、2回連続と1回のジャンプを飛んでいる。

 

※TINY(タイニー) MINI(ミニ)ディビジョンに関しては連続ジャンプでなくてもよい。
※アドバンスジャンプ=フロントジャンプ、サイドジャンプ、パイクジャンプ、トゥタッチジャンプ

 

〜Technique(完成度)の配点について〜
TUMBLING,JUMPにはスキル完成度(Technique)が配点されます。
AVOBE AVERAGEはチームメンバーの大多数〜全員が正確性と同調性をもって演技を行っていること。
配点/ 3.5〜5.0

 


◆OVERALL

【DANCE】
エナジーがあり、ダンステクニック、振付が優れており、かつ、完成度、均一性、エンターテイメント性があること。
配点/ 9.0〜10.0

 

【SHOWMANSHIP】
チーム全体が熱意を保ち、エナジーが伝わること。ルーティンを通して適切な運動の印象があること。
配点/ 9.0〜10.0

 

【ROUTINE COMPOSITION】
ルーティンを通して、演技の創造性(革新的、独創的、視覚的)が表現できていること。
配点/ 9.0〜10.0

 

※人数の定義は表参照

 


<<2020特例ルール 減点について>>

チアリーディング部門では、『競技規定』、『安全規定』、『演技規定』の他、下記項目について減点対象といたします。

 

減点対象とみなされる項目について、減点ではなく警告または審査の対象外となる場合がございます。予めご了承ください。

 


・選手個人の減点(0.25減点)
例)タンブリングやジャンプの際に手が地面についてしまった場合
タンブリングやジャンプの際に膝が地面についてしまった場合
タンブリングやジャンプの際に体の複数部分が地面についてしまった場合
タンブリング、ジャンプの個人技の際、地面に落下してしまった場合
※安定不足やタイミングのずれはTechniqueスコアで反映する

 


・ラインオーバー
今大会に限り、密にならないよう配慮のためラインオーバの減点はしない。タンブリング実施時は安全性のため開始から終了までマット内で行うこと。

 


・タイムオーバー
ミュージックパート部分が1分30秒より1秒を超えた場合には0.25減点
(マットに入場から退場まで3分を超える場合にも同様とする。チアクライテリアの長さは減点の対象とはならない)

 


・規定違反
該当レベルを超えたタンブリングを行った場合→0.5減点

 


・イメージポリシー違反を行った場合→0.25減点

 


・スポーツマンシップの欠如による減点
コーチが話し合いに際してプロフェッショナルでなかった場合→1.0減点

 

 

・・・・・

 

ご不明な点がございましたら、夏チアCUP運営事務局あてにご連絡ください。

夏チアCUP運営事務局: event@rhea-co.jp