NEWS-更新情報-

夏チアルール記事一覧

『夏チア2020』演技規定(2020特例ルール)・チアリーディング部門
2020.07.13

チアリーディング部門における『夏チア2020』演技規定(2020特例ルール)をご案内いたします。

 

<< 演技規定>>

 

1、演技内容

チアリーディングの要素(ジャンプ、タンブリング、ダンス)を用いて構成されたカテゴリーです。
手具やアームモーションでチームアピールをする構成を組み込むこと。

 


2,ジャンプについて

チームの大多数でアドバンスレベルのジャンプを飛ぶことが望ましい。

 


3,タンブリングについて

・立位タンブリング→チームの選手がレベル該当スキル ※1)をシンクロして行うことが望ましい。

・走り込みタンブリング→チームの選手がレベル該当スキル ※1)を行うことが望ましい。

※1)レベル該当スキルについてはチーム代表者ページにて詳細をご案内します。

 


4,ダンスについて

エナジーがあり、エンターテイメント性、シンクロ性、視覚効果のある振付であること。

 


5,演技時間について

チアクライテリア、ミュージックパートのカテゴリーを3分以内に行うこと。

チアクライテリアは30秒程度とし、ミュージックパートは1分30秒以内に行うこと。

チアクライテリア終了時から音楽使用演技までの移動は20秒以内とする。

今年度においてチーム紹介は、自チームでは行わず、場内アナウンスにて行います

 

 


■カテゴリー別項目【レベル1】

1,タンブリング

◆全般

・今大会においてラインオーバーの減点はないが、タンブリングは開始から終了までマット内で行うこと。

・タンブリングで選手、小道具などを飛び越えたり下をくぐるのは禁止

・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止

・飛び込み前転は禁止

 

◆立位/走り込み

・タンブリング中、床を突き放した状態で体が宙に浮くことは禁止

・前転、後転、前方・後方ウォークオーバー、倒立、側転、ロンダートは可能

・ロンダートからすぐに続くコンビネーションタンブリングを入れるのは禁止

 


2,スタンツ

今年度においてすべてのスタンツは禁止とする。

 


3,ピラミッド

今年度においてすべてのピラミッドは禁止とする。

 

 


■カテゴリー別項目【レベル2

1,タンブリング

◆全般

・今大会においてラインオーバーの減点はないが、タンブリングは開始から終了までマット内で行うこと。

・タンブリングで選手、小道具などを飛び越えたり、下をくぐるのは禁止

・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止

・飛び込み前転は可

 

◆立位

・宙返り系は禁止

・連続バック転は禁止

・ジャンプバック転、バック転ジャンプなどの連続技は禁止

・ロンダート以外のツイストは禁止

 

◆走り込み

・宙返り系は禁止

・フロントから入りロンダートバック転など連続技は可能

・ロンダート以外のツイストは禁止

 


2,スタンツ

今年度においてすべてのスタンツは禁止とする。

 


3,ピラミッド

今年度においてすべてのピラミッドは禁止とする。

 


4,バスケットトス

今年度においてすべてのバスケットトスは禁止とする。

 

 


■カテゴリー別項目【レベル3】

1,タンブリング

◆全般

・今大会においてラインオーバーの減点はないが、タンブリングは開始から終了までマット内で行うこと。

・タンブリングで選手、小道具などを飛び越えたり、下をくぐるのは禁止

・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止

・飛び込み前転は可

 

◆立位

・宙返り系は禁止

・転回・バック転の連続技は可

・ロンダート以外のツイストは禁止

 

◆走り込み

・フリップ技を行う場合には、ロンダートもしくは、ロンダートバク転から始めること

・フロントから入りロンダート宙返りなどの技は可能

・側転からのフリップ技は禁止

・側宙、前宙、3/4前方フリップは可能

・フリップや側宙から続くタンブリングは禁止。(前転、後転も不可)

続けて行う場合には少なくとも1ステップ加え、次のタンブリングパスと明確に分けること。

・ロンダート、側宙以外のツイストは禁止

 


2, スタンツ

今年度においてすべてのスタンツは禁止とする。

 


3,ピラミッド

今年度においてすべてのピラミッドは禁止とする。

 


4,バスケットトス

今年度においてすべてのバスケットトスは禁止とする。

 

 


■カテゴリー別項目【レベル4】

1,タンブリング

◆全般

・今大会においてラインオーバーの減点はないが、タンブリングは開始から終了までマット内で行うこと。

・タンブリングで選手、小道具などを飛び越えたり、下をくぐるのは禁止

・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止

・飛び込み前転は可

 

◆立位

・立位宙返りとバック転からの宙返りは可

・宙返りから続けて技の実施はできない

 

◆走り込み

・ツイストなしの宙返りは1回転まで可

 


2, スタンツ

今年度においてすべてのスタンツは禁止とする。

 


3,ピラミッド

今年度においてすべてのピラミッドは禁止とする。

 


4,バスケットトス

今年度においてすべてのバスケットトスは禁止とする。

 

 

 

 

ご不明な点がございましたら、夏チアCUP運営事務局あてにご連絡ください。

夏チアCUP運営事務局: event@rhea-co.jp