春チア開催にあたり

We Create the Future 春チア2021【開催にあたり】 

このコロナ禍、刻々と状況が変化していく中で、チア活動の継続について何度も立ち止まっては考え、辛い思いをされている方も多いのではないでしょうか。
「春チア」は、こんな状況だからこそ、次の時代を切り開き、明るい未来を創造するチアリーダーのために、そして、そんなチアリーダーを支える皆様を応援することを目的に開催を決断しました。

本大会は、政府・自治体の決めたルールを完全に遵守しながら、感染症対策を行い開催いたします。
出場の皆様には、滞在時間の縮小、観覧の制限、消毒、検温、マスク着用等のご協力をいただき、大会の成功を一緒に喜びたいと思っております。

出場方法は、2つの部門および2つの種目から選択する形式です。
一定の規定を満たし、競技として上位を目指す、「コンペティション部門」と、
人数・時間・年齢の制限を緩和した「フェスティバル部門」から選択、
次に、チアリーディングもしくは、チアダンスから種目を選択していただきます。

チアリーディングとチアダンスの「演技の特徴」と、簡単な「審査の解説」を掲載いたしました。
初めて参加される方でも安心して出場できる体制で春チアは皆様をお待ちしております。


◆チアリーディングの特徴

チアリーディングは、チーム(団体)で、スタンツ(組体操)、タンブリング(床運動)、ダンスを組み合わせ、応援の要素を入れてそのパフォーマンス力を評価します。
それぞれの項目の技術とともに、演技の力強さや観客への表現力も評価の対象となります。
チアリーディングの要素を演技の中にしっかりと取り入れましょう。

審査項目の、スタンツ、タンブリング、ジャンプ、ダンスの難易度、完成度とともに、観客への表現力が求められます。

<解説>

・スタンツ有り部門において、スタンツは今大会ではマスクを着用しての実施とさせていただきます。
基準に沿った内容で安全に行いましょう。

・タンブリングについては難度も評価対象ですが、よりシンクロした統一感のある演技を目指しましょう。

・ジャンプについては指定の回数、バリエーションを入れることとで難度点がクリアできますが、完成度を高めるように、シンクロ性、同調整を意識しましょう。

・ダンスについては表現力を高め、チームの統一感や熱意が伝わるように行いましょう。


◆チアダンスの特徴

チアダンスは、チーム(団体)で身体の動きやポンポンをシンクロさせ、チアダンスの要素(アームモーション、キック、ターン、ジャンプ、リープ)を使い表現の豊かさを評価する競技です。

チアダンスの要素は演技の中にバランスよく取り入れましょう。

審査項目の、①振付、②実施(団体としての)、③技術、④印象において、一体感、表現力、正確性、完成度、難度が求められます。

<解説>

・高い技術のみを競うだけではなく、正確性、安全性を大切にする大会です。
ポンモーションのテクニックバリエーションや、シャープさ、力強さも表現しましょう。

・団体の動き(パートごとの動きを含む)を同調させ、均一性を高めましょう。

・使用楽曲と振付けの印象を合わせ、動きのタイミングも同調させましょう。

・正しく身体をコントロールし、技術(キック、ジャンプ、ターン、リープ)を完成度高いものにしましょう。

※チアダンスの要素は全て取り入れなくても減点の対象とはなりません。

以上の特徴を捉え、チーム独自のオリジナリティ溢れる表現を演技の中で披露してください。
チアダンスを通して、自信に満ちたCHEER(応援する)で会場を元気にしてください。


次回の記事では、競技規定をご案内いたします。

春チア実行委員会